ひとつぶ、おいしい。もひとつ、うれしい。

木都 能代の 木の実屋さん

季節の、たのしみメインビジュアル 季節の、たのしみメインビジュアル 季節の、たのしみメインビジュアル 季節の、たのしみメインビジュアル 季節の、たのしみメインビジュアル 季節の、たのしみメインビジュアル
季節の、たのしみメインビジュアル 季節の、たのしみメインビジュアル 季節の、たのしみメインビジュアル 季節の、たのしみメインビジュアル 季節の、たのしみメインビジュアル 季節の、たのしみメインビジュアル

その季節、その季節に

春、夏、秋、冬……と、その四季の表情・輪郭がはっきりとある秋田。
一年を通して、全く同じ気候ではないからこそ、果物の栽培にも制限があり、大変な日々の苦労がある秋田の地。

私たちは、そんな秋田の季節に寄り添う、自然な果物・ドライフルーツの在り方を大事に、その一瞬一瞬の“おいしい”を大切にしています。

詳しくは『秋田小田原くだものがたり』のページをご覧ください

春 秋 夏 冬

一人の表現者として

そんな四季の豊かな秋田において、季節の果物(ドライフルーツ)を取り扱うお店を構えるということは、どういうことなのだろう?

日本全国、どこでお店を構えようと、一年を通じて必ずやってくるイベント・行事ごと。
バレンタインデーやホワイトデー、母の日に父の日、お中元にお歳暮にと……、その月々の行事に合わせたサービスを提供すること自体が目的となり、「今月は〇〇しなければいけない……」という義務感に追われてしまうような
状態(サービス)に違和感を持つようになったときのこと。

自分たちも“一人の表現者”として、自分たち自身が楽しめるそんな木能実らしい企画・サービスであれば、きっとたくさんの方々に“ここだけの喜び”を感じていただけるだろう……。

そう私たち自身が考えられるようになって、これまで一つひとつ、大切にカタチにしてきた木能実の“季節の表現”が、こちらでご紹介させていただく『季節の、たのしみ』です。

ここに並ぶ『季節の、たのしみ』は、まだまだはじまったばかり。
これからも私たち自身が、秋田の四季・季節をたっぷり感じ、楽しみながら、新しい『季節の、たのしみ』を考え、お届けしていきたいと思います。

「季節の、たのしみ」あれこれ
※各種季節限定でのお取り扱いとなります。
ご了承ください。